Escape from my house

アラサー、旅行好き、英会話勉強、歯列矯正

ストックホルムに一人旅:その5

迂闊にも予定外に旅行を1日延長してしまった。

前の記事の最後に記述した通り、乗り遅れてしまったため。

msescape.hatenablog.com

 

そんなことになるなんてこの人生想像していなかった。

この電車に乗ればいいね〜ってチケット買ってもらって、Fikaしてお別れして…この時点で今思えば出発が遅すぎたのだが。

3,000円の追加で払って乗ったアーランダエクスプレス(空港行き急行)が40分も途中で止まったのである。そんなバカな。

 

空港に到着するとAir Chinaの受付カウンターがない。一つもない。すっかり飛行機に乗るつもりで入れた使い捨てのコンタクレンズは度数が低くて電光掲示板がよく見えない。スタッフに尋ねると、スカンジナビア航空の職員が何か助けてくれるんじゃない?とのこと。多分これはスターアライアンス加盟の会社同士だからだと思う。

迷っている間にすっかりフライト時刻目前である。もちろん乗れなかった。そしてスカンジナビア航空のねーちゃんにはAir Chinaのコールセンターに相談してみたら?と言われた。

 

パニックである。

 

その頃、中国と日本は深夜でコールセンターは繋がらない。唯一電話が繋がるLA支店は当然だが英語のみの対応、今の私にそんな難易度高いことできるわけがない、積んだ。と思った。

あぁしょうがないからもう帰るのやめよう、住もう。ここに住むぞわたしは。と決意したね50,,いや60%くらい覚悟した。

 

それはともかく、日本のネイティブスピーカーに即SOS信号(といってもLINE)を出して奇跡的に起きていた彼に電話を依頼。翌日のフライトに変更ができたので帰れた。

変更で追加2万円なりー。

友達の家に泊まったので、宿泊代はかからなかったけれど何度も空港に行ってかかった電車代は悔やまれる。もちろん帰国当日はやたら早めに空港に行ったので心配なく乗れたけど、Air Chinaさんは1.5時間ディレイでの出発。

いやいや昨日ディレイしてくれてたら乗れたかもね。

 

ストックホルムに一人旅 -完-

 

2016年12月:スウェ人との出会い

2017年1月末:英会話のレッスン開始

    2月:交流パーティに行きまくる

    3月:パーティ慣れしてくる

    4月:ストックホルム8日間の旅