Escape from my house

アラサー、旅行好き、英会話勉強、歯列矯正

ストックホルムに一人旅:その2

2017年2月からの再スタート。

 

私はよくわかっていた。

英語を勉強する場合において、誰かとなるべく喋る機会を持たないことにはなかなか上達しないことを。(コミュニケーションを目的としているため)

だからレッスンも受けながら言語交換のパーティに参加するようになった。大抵の場合飲み放題だし、バーで知り合いになるよりは後腐れなく簡単に会話を楽しむことができそうだったから。それに女性は安い。パーティとは言え安全でもあるし、開催されるバーもなかなか悪くない。

まぁ後腐れそうなお声がけもたくさんあったけれども、恋人いるんだーとちゃんと答えてパーティの後についていかなければ大丈夫。

 

こうして2月から3月にかけては毎週レッスンを受け、週末はパーティへ出向いた。私はモテるんじゃないかと勘違いするのは最も容易いレベルでたくさん声を掛けられる。

だけれども目的は渋谷で恋人を作ることではない。

 

だんだんとナンパな外人が声をかけてくる場合くらいなら英語で対応が出来るようになってくる。いくつ?どこに住んでる?何飲んでるの?

質問してくれる場合は答えるのは単語だけでも伝わるから簡単。質問するのは最初はとても難しかった…そう思うと話すうちにリスニング能力が上がったかもしれない。

 

この時点では自分の突然始めたこの趣味(英会話とかパーティとか)が恥ずかしくてあまり友達に言ってなかった。

3月にもなるとパーティで友達もできて(年齢も国籍もばらばら)余裕が出てきたので友達も誘ったりするようになる。だけど皆予定がつかず未だに一人でしか参加したことないけど。

 

つづく

 

2016年12月:スウェ人との出会い

2017年1月末:英会話のレッスン開始

    2月:交流パーティに行きまくる

    3月:パーティ慣れしてくる